【法隆寺】秋季法隆寺秘宝展 に行きたいな!(夢殿 救世観音像と上御堂 釈迦三尊像も!)

アズキモカが大好き!な法隆寺で、秋季秘宝展が開催されています。

期間:2018年9月22日 ~ 11月30日

奈良観光サイト「巡る奈良」の案内はこちら

法隆寺公式サイトはこちら



アズキモカ的見どころ

金堂天蓋附属飛天および鳳凰

飛天は、この記事のアイキャッチで琵琶を引いたり笛を引いたりしている音楽隊の皆様のモデルになっています。
天蓋=仏像の上にある傘・屋根のようなものです。普段は遠いし金堂暗くてよく見えないので、間近で見れるのは滅多にありません!
中の間の天蓋は創建当初(606年ごろ伐採)の木が使われているですと…?

持国天・多聞天像

金堂の…でいいのかな?
金堂の四天王像は私のお気に入りの一つ。宝冠がとても美しい。

五重塔伏鉢・五重塔避雷符 

五重塔ってあの五重塔の?!おろして大丈夫なの??と思わず。
伏鉢はてっぺんの細い部分の根本にある、お椀を伏せた形をしたもの。
避雷符は各層にあるもの。
どちらも間近で見れる機会は滅多にない!
…展示の間は五重塔はどうなってるんでしょう???

平成の玉虫厨子

たぶんこれのこと。平成の玉虫厨子 [平成の玉虫厨子] | 受賞対象一覧 | Good Design Award
これ初めて知ったんですが…玉虫厨子の在りし日の姿を再現したのですね。
CGでは過去にもあったように思うのですが、現物はなかなか無いなあと。
なお、本家本元の玉虫厨子は大宝蔵院で公開されてます。当時の玉虫の羽が一部残っているというのがすごい!


上記以外にも見どころはいっぱいあります!
あくまで私のオススメなので、ご自身の好きなポイントを探してみるのも良いと思います。
期間が長いので、どこかで見に行きたいです!



秘宝展だけではありません。

夢殿 救世観音菩薩ならびに上御堂 釈迦三尊像の特別開扉

夢殿 秘仏・救世観音菩薩立像
期間: 2018年10月22日~11月22日

上御堂 釈迦三尊像
期間: 2018年11月1日~11月3日

救世観音は「1日1仏像」でも紹介させていただいたこの仏像です。
保存状態が良く(発見のエピソードも調べるととても面白い!)、欠損や色あせの少ない状態で今も見ることができます。


子連れTips

駅からは遠く、バスを使うのがオススメ。大人だけなら歩きで行けます。
法隆寺自体は広いので、子ども連れでも歩きやすいです。
境内は砂利が多いのでベビーカーはご注意を。回廊は押しやすいですが、金堂や講堂の出入りは段差があります。
秘宝展はあくまで寺宝の展示なので、動き回るお年頃だと厳しいかもしれません。(うちの息子はまず無理です)
西院伽藍~夢殿(東院伽藍)間は思ったより距離があります。


※この記事はアズキモカが個人で調べた範囲で書いています。
※公開期間や展示内容等は変更になる場合がありますので、必ず公式サイトでご確認をお願いいたします。