【お仕事報告】サッカー留学情報サイト、個人ブログサイト、カジノ情報サイトのトップバナー他を制作しました。

3件まとめてのご報告になります。
制作実績のページも更新しております。ご参照ください。

サッカー留学情報サイトのトップバナー・アイキャッチ・ロゴを制作しました(F様)。

高校生・大学生が対象とのことで、子どもっぽくなりすぎず、
また、スポーツの爽やかさを意識して制作しました。
サッカーの動画を見たり写真を調べて、動きを意識しました。

個人ブログサイトのトップバナー・プロフィールアイコンを制作しました(I様)。


ブタさんのキャラクターは、ご依頼主であるI様ご本人のラフを元にしました。
「迫力のある」感じで、ブタさんの表情も焦っていて、とデザインしやすい要素をご提示いただいたので、
あとはI様の想像を超えるもの!をご提案できるよう考えるのが楽しかったです。
「ポジポジ病」とはFXでの用語(?)なのですね。初めて知りました。
オプションでご依頼いただいたプロフィールアイコンは、このブタさんの顔から制作しました。

カジノ情報サイトのトップバナー・ロゴを制作しました(S様)。


親しみやすいように、カジノの楽しさを伝えるヘッダーとのご希望でした。
人物や要素を詰め込みすぎて、最後の仕上げに焦ったのは良い思い出です。
色味は既に出来ていたサイトを参考に配色させていただきました。色数少な目で良い感じに仕上がったと思います。

S様からは、継続で記事の文中に挿入する図解もご依頼いただきました。
元になる参考画像をいただいて、プラス自分で調査してから制作しました。
読み手であるプレイヤーが主役で、次が運営会社、それを取り巻く要素、という位置づけで大きさや配置を決めました。
矢印が入り組んでいましたので、わかりやすいように色を分けています。
ヘッダーと同じサイトに挿入する図解ですので、色はヘッダーに合わせました。

制作を通じて学んだこと

・デフォルメの加減

対象年齢によっては、デフォルメをしすぎない方がいいことに気付きました。
例えば、中年のおじさんをデフォルメしてもおじさんですが、大学生をデフォルメすると少年になってしまいます。おじさんを若く描いても嬉しい(多分)ですが、高校生を小学生に描いたらきっと嫌でしょう。
ということで、サッカー案件ではカジノ案件よりも特に身体部分をしっかり描くことを意識しました。

・初めて見る単語を調べることの重要性

具体的には「ポジポジ病」です。ご依頼を初めて見た時は、何かの障害や病気(パニック障害やパセドウ病など)だと思っていました。が、調べてみるとFXを行っている人が陥りやすい状況(詳しくはググってください)ということが判明しました。勘違いしたままだと、きっと今とは違う仕上がりになっていたと思います。
バナーの背景にFXのチャートを入れたのは、このことに基づく私のアイディアです。


この3件は、いずれもココナラよりご依頼いただきました。
ブログ・まとめ記事用アイキャッチのイラスト描きます 写真とは一味違う!手書きイラストで、PVを伸ばしましょう!
※連休のため一時的に受付を停止しております。5/6より再開予定です。

平成最後のお仕事、皆様ありがとうございました。
令和もどうぞ宜しくお願いいたします。